西岡良仁のラケットのメーカーや値段にテンションは?2020年版!

西岡良仁のラケットのメーカーや値段にテンションは?2020年版!西岡良仁

2020年、秋に行われるという異例の全仏オープン、西岡良仁選手が1回戦でNEXT GENの旗手、オジェ・アリアシム選手をなんとストレートで破りました!

 

相変わらずのうまいゲーム運び、多彩なショットを放っていた西岡良仁選手ですが、そのショットを生み出すラケットは、どこのメーカーなのでしょうか?

またラケットの値段や、ガットのテンションはいくつくらいで張っているのでしょうか?

 

2020年、これからも活躍が期待される西岡良仁選手の使用ラケット、そのメーカー、値段、ガットのテンション、そしてラケットスペックに迫ります。

西岡良仁のラケットについて【2020年版】

2020年に西岡良仁選手が使用しているラケットは、ヨネックス社のVCORE98 LIMITEDというモデルです。

 

2020年限定生産モデルのため、VCORE 2020 LIMITED とも呼ばれているこのラケットを、ここでは、ヨネックス社HP上での名称 VCORE98 LIMITEDと呼ばさせて頂きます。

 

ジュニア時代からヨネックス社ラケットを愛用している西岡選手、プロ転向と同時にいち早くヨネックス社と契約を結びました。

そして現在も契約を継続しています。

 

進化をし続けるテニスラケット、そしてVCOREシリーズはヨネックス社が技術の粋を集めたセンセーショナルな製品です。

 

では、西岡選手の放つ強烈なスピンボール、切れの良いサーブを生み出しているVCOREとは、どのようなラケットなのでしょうか?

 

 

西岡良仁のラケットのメーカー

 

2020年に西岡良仁選手が使用しているラケットのメーカーは、ヨネックス社です。

 

ヨネックス社はこのVCOREシリーズを2011年に新発売して以来、改良に改良を重ねています。

 

2018年に発売されたVCORE95などの改良型は、フレーム色が鮮やかな赤もあったため、「赤い彗星」と呼ばれたフラッグシップモデルでした。

 

それから更にVCOREを改良していったヨネックス社、VCORE LIMITEDを発売、西岡選手の2020年使用モデルとなっています。

 

西岡良仁のラケットの値段

 

2020年に西岡良仁選手が使用しているラケット VCORE 98 LIMITED の値段は、33,000円~34,000円(消費税別)です。

 

ヨネックス社のWEBをみると、VCORE 98 LIMITED の価格表示は「オープン価格」となっています。

 

ただ、すでにネット通販などにも流通しており、ここでの表示価格は上記33,000円~34,000円です。

 

西岡良仁のラケットのテンション

 

2020年に西岡良仁選手が使用しているラケットのテンションは、52ポンド前後です。

 

ガットはヨネックス社のポリツアースピンを使っていましたが、最近縦糸と横糸に異なるガットを組み合わせる、ハイブリッドとしています。

縦糸にバボラ社のVSタッチというナチュラルガット、横糸には従来通りのヨネックス社ポリツアースピンを使用したハイブリッドガットです。

 

ラケットのテンション52ポンドというのはいたって普通の、一般テニスプレーヤーも使うレベルと言えます。

 

現代のプロテニスプレーヤーでは、極端に緩いテンション、極端に強いテンションでガットを張る選手は大変少なくなりました。

その昔はジョン・マッケンローの緩いテンション、イワン・レンドルの強いテンションが好対照でしたね。

 

西岡良仁のラケットのスペック

 

2020年に西岡良仁選手が使用しているラケットのスペックは以下の通りです。

 

ヨネックス社HPより抜粋

フェイス面積98平方インチ
全長27インチ
素材高弾性カーボン+ナノメトリックXT+Namd
サイズ(重さ)G2 (平均305グラム)
バランスポイント平均 315 (mm)
カラースモークブルー
推奨張力45-60ポンド

 

ラケット面積は98平方インチ、重さは305gと「黄金スペック」と呼ばれる100平方インチ・300gに比べると、フェース面積は小さく、重さはやや重めとなっています。

 

プロ選手では98平方インチ、95平方インチといったフェース面積の小さなラケットを使用するケースは多いです。

ラケットの空気抵抗を少しでも減らし、ラケットスピードを落とさないため、小さめのフェースを採用しています。

 

まとめ

 

現代のラケット開発競争はすさまじいものがあります。

 

ラケットは、軽くても反発力をいかに高めるか、柔らかくても打点でのラケットねじれをいかに抑えるか、など相反する事象を両立させるという技術競争の真っただ中です。

 

また フレーム、ガットのみならず、グロメット(ガットを通す穴部分)での空気抵抗をいかに減らすか、選手のスイング能力を最大限ボールに伝えられる工夫が様々な部分でされています。

 

これがスピンが強烈にかかりながら、超高速のショットやサーブを生む土壌なのです。

 

最新鋭のラケットを駆使した、西岡良仁選手の今後の活躍に期待しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました