西岡良仁の性格は?態度が悪いと言われる理由を徹底調査!

西岡良仁の性格は?態度が悪いと言われる理由を徹底調査!西岡良仁

2021年、何とかテニスツアーが開幕致しました。

日本期待の西岡良仁選手も、様々な制限下で精一杯のプレーをみせています。

 

そんな西岡良仁選手の性格や、態度が悪いという噂があります。

どういった理由で、そのような噂が出ているのでしょう?

 

錦織選手に次ぐランキングに上がってきた西岡選手、性格や態度が悪いといわれる理由について、迫ってみます。

 

西岡良仁の性格は?

 

西岡良仁選手の性格を表すとすれば、負けず嫌いという言葉がぴったりでしょう。

とにかく小さな頃から負けることが大嫌いであった西岡選手。

自分の強み・弱みを分析し、そのために何をしなければならないか、試合展開はどうすれば勝つチャンスを高められるのかを、徹底的に研究しています。

 

そして自分の信じてきた方法、セオリーをバックボーンとして持ち、あらゆる面からプラス要素を吸収していく、とても頭脳明晰な面を持っています。

それは、読書家であるという一面を見せています。

 

決して体格には恵まれていない西岡選手。

人並み以上に勝利までの方程式を徹底研究し、そのための効果的なフィジカルトレーニングを積み、ここまでの実績を上げているのです。

 

そしてヒザの靱帯損傷という大けがを負い、下手をすれば選手生命を絶たれる危機に立たされながら、そういった悲壮感を全く見せませんでした。

それは自分はこれ(テニス)をやっていくんだ、この世界で生きていくんだという、強い意志からくるものでしょう。

 

西岡良仁の態度が悪いと言われる理由は?

 

西岡良仁選手の態度が悪いと言われる理由について、下記にまとめてみました。

 

  • ラケットを破壊する
  • 練習態度が悪い
  • ピアスをしている
  • 試合中における相手選手との口論
  • 2021全豪オープン初戦敗退

 

以下に詳細を記載致します。

ラケットを破壊する

 

西岡選手は、たびたびラケットを破壊しています。

プロテニスの試合では、試合中のラケットの破壊はチェアアンパイアから警告を受けます。

コードバイオレーションとなり、1回目は警告、2回目はポイントを失い、3回目はゲームを失うのです。

 

またアンパイアへの暴言や、ふさわしくない態度、またイライラしてボールを観客席に打ち込みような行為もバイオレーションをとられます。

故意ではなかったとはいえ、ジョコビッチ選手がゲームの合間にボールをラインジャッジに当ててしまい、失格敗退となったのは記憶に新しいですね。

 

そして大会がテレビ放映などされていた場合には、ラケット破壊映像が瞬時に全世界に流れるわけですから、イメージとしては最悪ですね。

 

さらに、バイオレーション以外に罰金を取られるケースもあります。

イメージを落としたうえに罰金と、じゃあなぜそんなことをするのか、と思いますよね。

しかし厳しいツアーで必死にプレーしている選手にとっては、この感情の高ぶりは抑えられないようです。

 

西岡選手もその一人であり、闘いの場であるテニスコートでは集中力が途切れ、感情のコントロールが効かなくなる場面もしばしばあるのです。

 

確かに物を大切にしないなど、よろしくない態度、行為ではありますが、プロとしてやっている以上、あまり悪いと決めつけは出来ないかもしれません。

 

練習態度が悪い

 

若いころの西岡選手は練習態度が悪くて遠征、合宿に参加できなかったことがあるようです。

 

しかしプロ転向後、6年以上たっている西岡選手ですので、大人としての自覚も芽生えており、当然現在はこういったことは皆無です。

 

ピアスをしている

 

西岡選手は左耳にピアスをしています。

 

スポーツ選手としてピアスをするのはいかがなものか、という声がスポーツ評論などのご意見番から聞こえてきそうです。

 

ピアスをしている=チャラチャラしている

という印象を持たれ、それが態度が悪いというところに結び付いているのでしょう。

 

こういったスポーツ選手の外観についての批評は、海外と日本では若干相違があるようです。

テニスプレーヤーでも見かけるドレッドヘアの選手や、ビーナス・ウィリアムス選手がデビューしたころの髪型など、まさにセンセーショナルなものでした。

 

またNBAやMLBなどではタトゥーを入れている選手や、膨大な髭を蓄えた選手もいます。

 

大まかに海外の方がそういった面での寛容さがあるようです。

しかしウィンブルドンのように、伝統を守り、未だに白を基調としたウエアの着用を義務付けている例もありますね・・・

 

試合中における相手選手との口論

 

西岡選手は、2019年のジュネーブ・オープンにおけるグルビス選手との試合で、試合中に口論となったことがあります。

 

西岡選手はルールにのっとった方法でセットの合間にトイレットブレークをとったのですが、それに対してグルビス選手が怒りを表し、またトイレットブレークから戻ってくる西岡選手の歩く速度が遅いなどと、暴言を浴びせたとのことです。

 

ルールにのっとったあらゆる方法を使って、相手のペースを乱そうとする選手もいます。

靴ひもを結びなおす、トレーナーを呼ぶ、また言葉で相手を威嚇する選手ですらいるのです。

 

しかしこのグルビス選手の暴言は、モラルを超越しているのではないか、というのが西岡選手の意見です。

 

この試合、西岡選手は敗退してしまいますが、インタビューではまず相手のプレーのすばらしさを讃えています。

その上でのこのような抗議に至っていました。

 

言うべきことは言う、西岡選手の意志の強さがここでも垣間見られますね。

 

2021全豪オープン初戦敗退

 

とれたてホヤホヤの最新情報をお伝えします。

 

2021年最初のグランドスラムである全豪オープン、西岡選手は満を持して大会に臨みました。

 

初戦の相手はスペインの23歳マルチネス選手、ランキング87位で、まだこれといった実績のない選手です。

対する西岡選手は58位であり、たびたび上位ランカーを破るなどの活躍を見せてきました。

 

西岡選手の意識に「これは負けられない」という気持ちが強かったのでしょうか。

この日の西岡選手はサーブが不調でした。

 

西岡選手はファーストサーブで、1試合に10本も20本もエースをとるタイプではありません。

ファーストサーブの確率を上げ、プレースメントとスピンで相手を崩し、展開テニスでサービスキープをするタイプです。

 

現代テニス、特に男子ではサービスキープが基本、これが崩れると一方的になりかねません。

マルチネス選手も水準以上のプレーをしていましたが、まさに西岡選手の自滅、第一セットこそ1-5という劣勢を見事に挽回、TBまで持ち込んで取ったのですが、そのあとがいけません。

 

ファーストサーブ確率が悪く、得意の展開テニスへのリズムが全くつかめず、イライラした西岡選手は、ラケットを放り投げる、そしてはた目から見るとふてくされた態度ととれるポーズをしてしまうのです。

 

メンタルも切れた西岡選手は、結局続く3セットをいずれも1-6という、散々なスコアで敗退です。

 

日本のTV解説者は、子供たちもこの試合をみているんだから、と苦言を呈していました。

西岡選手のあまり良くない面が出てしまった全豪1回戦、自分自身に腹が立った結果と見えます。

 

こういった面が、態度が悪いとの評判を醸し出しているのでしょう。

 

まとめ

 

西岡選手の態度が悪い、との評判を探ってみました。

 

おさらいしますと、西岡良仁選手は超のつく負けず嫌いな性格であり、西岡良仁選手の態度が悪いと言われる理由については

 

  • ラケットを破壊する
  • 練習態度が悪い
  • ピアスをしている
  • 試合中における相手選手との口論
  • 2021全豪オープン初戦敗退

 

などが挙げられました。

 

しかしテニスはメンタルが大きな比重を持つスポーツ、それが切れると全く試合になりません。

どんな劣勢でも、どんなに調子が悪くても逆転を信じ、自分のプレーを貫く、それが西岡選手に今後求めらえるメンタル力なのかもしれません。

 

才能、そして誰にも負けない強い意志を持つ西岡選手、それを生かす意味でも今後の成長に期待しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました