ハードコートの戦術を解説!跳ねるし難しいと感じる方へ!

ハードコートの戦術を解説!跳ねるし難しいと感じる方へ!硬式テニス

ハードコートでの試合はどういう戦術で戦うのがいいんだろう?

こう思う方も多いのではないでしょうか?

 

最近は国際大会を開催するためにハードコートにするところが増え、ハードコートの普及率が上がってきていますよね。

 

ハードコートはボールが跳ねるし、難しいと感じている方もいるかもしれません。

ストロークでじっくり?早めにネットプレーをした方がいいの?ひたすらシコる?

動きやすいけど、ボールは跳ねるし球足は速い。

 

そんなハードコートに適した戦術、気を付けるポイントなどをご紹介していきます。

 

ハードコートの戦術を解説

 

ハードコートでの戦い方のポイントは次の5つです。

 

  • 足を細かく動かす
  • 準備を速くコンパクトに
  • フラット系のショットでスピード重視
  • ボレーは弾ませない
  • サーブでボディ狙いも使う

 

それでは解説していきます。

 

①足を細かく動かす

 

ハードコートの戦い方のポイント1つ目は足を細かく動かすです。

 

ハードコートの特徴として、球足が速い、というものがあります。

そのためボールにスピードが出やすく、そのボールを相手もすぐに打ってくるためラリーのスピードが上がります。

 

他のコートなら打った後に少し一息つけても、ハードコートではすぐにボールが返ってきます。

強打したときはさらに早いタイミングで返ってきます。

 

対応策としては足を小さく細かく動かしておくことです。

体育館のキュッ、キュッっと音がするような感じで細かく小さく動いておくことで急にきたボールにも対応することができます。

 

②準備を速くコンパクトに</h3

 

ハードコートの戦い方のポイント2つ目は準備を速くコンパクトにです。

 

球足が速くボールがすぐに返ってくるので準備がとても大切です。

テイクバックを素早く、なおかつコンパクトにしておきましょう。

 

クレーコートでは時間があるので大きく振りかぶってテイクバックもできますが、ハードコートでは最小限のテイクバックのほうがミスが減ります。

 

大きなテイクバックでは連続で打てば打つほど、打ち終わってから戻るまでの動きに時間がかかりどんどん攻めこまれてしまいます。

 

③フラット系のショットでスピード重視

 

ハードコートの戦い方のポイント3つ目はフラット系のショットでスピード重視です。

 

自身の球威よりも威力が上がるのでどんどんスピードボールを打っていきましょう。

多少コースが甘くてもスピードのあるボールを打つことで相手のミスを引き出せます。

 

他のコートと比べるとスピンやスライスのボールもそこまで威力がプラスされるわけではないので、たまに使うくらいでいいでしょう。

 

ミスを連発しやすいリスクはありますがエースが狙えるコートなので、積極的にフラットでエースを狙ってみてください。

 

④ボレーは弾ませない

 

ハードコートの戦い方のポイント4つ目はボレーは弾ませないです。

 

ボールにスピードが出るのでついついボレーもスピードのあるボレーになりがちですが、ボレーはスピードよりも弾ませないことが大切です。

 

少しスライスをかけるか押し込むようにするといいです。

あえて勢いを弱めて弾ませないようにするテクニックもあります。

 

サーブやストロークでガンガンスピードボールで攻めてボレーは沈める。

そのような意識で打つといいですね。

 

特にダブルスの時は効果を発揮します。

ロブで頭上を抜かれることは少ないのでどんどん平行陣を作って相手にプレッシャーをかけてみてください。

 

⑤サーブでボディ狙いも使う

 

ハードコートの戦い方のポイント5つ目はサーブでボディ狙いも使うです。

 

サーブもフラットサーブでどんどん攻めていくのですが、試合が進むと相手も慣れてきます。

スライスやスピンサーブで攻めるのもいいのですが、スピードがないので比較的容易に返されます。

 

ライジングで返してくることも多く逆にピンチになることもしばしば。

そういう時はフラットサーブを相手のボディに打ってみましょう。

 

センターかワイドを警戒していることが多いですが、体の正面に来たボールはテニスは打ち返しづらいです。

 

ましてやスピードのあるショットはさらに難しくなるので、ボディ狙いも選択肢の中に入れておきましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか。

最後にもう一度まとめます。

 

ハードコートでの戦い方のポイントは次の5つです。

 

  • 1球でも多く返す
  • トップスピンで跳ねさせる
  • ポジションを少し下げる
  • ドロップ
  • ボレーの決定力

 

コートに合わせた戦術が大切ですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
硬式テニス
better tomorrow

コメント

タイトルとURLをコピーしました